新着情報

ひきこもりがちな人への支援について

2018年08月15日 16:48 新着情報

稲城市社会福祉協議会では、ひきこもりがちな方への支援として、NPO法人楽の会リーラの企画・協力の下、以下のひきこもり支援事業を実施いたします。
どうぞお気軽にご参加ください。


 


①ひきこもり・生きづらさカフェ ~分かち合い&ちょこっと相談の場~

内容:ひきこもりや生きづらさを抱える当事者及び関係者の分かち合いの場(カフェ)として、また元引きこもりピアサポーターや専門員によるちょこっと相談も承ります。
当日は出入り自由です。

※参加無料・守秘義務厳守・申込み不要です。

○日程
1回.9月13日(木) 13時~17時 場所:ふれあいセンター矢野口(矢野口自治会館内)
2回.9月25日(火) 14 時~20時 場所:福祉センター 憩いの部屋
3回.10月13日(土) 9時~17時 場所:福祉センター 憩いの部屋
4回.10月25日(木) 16時~19時 場所:ふれあいセンター大丸(オーエンス健康プラザ内)

チラシをダウンロードする

 


②当事者に学ぶひきこもり勉強会~ひきこもりの理解とその対応を聴く~

内容:元ひきこもりで発達障害のある講師による、当事者目線でのひきこもりの理解と理想の対応について学びます。
日時:9月28日(金)14時~17時
場所:稲城市福祉センター介護予防教室
対象:民生委員、相談支援員、地域包括職員他、関心のある方
講師:大橋 史信(楽の会リーラピアサポーター)

チラシをダウンロードする

 


③ひきこもりサポーター養成研修全5回

内容:ひきこもりの支援に携わっていただける方を養成します。
○日程
①9月21日(金)13時30分~15時 オリエンテーション
②9月28日(金)14時~17時 ひきこもり勉強会「ひきこもりの理解とその対応」と同時
③10月5日(金)13時30分~16時30分  ひきこもり当事者・家族の体験談から学ぶ
④10月19日(金)13時30分~16時30分 ・ひきこもり当事者・家族への傾聴とロールプレイ・ひきこもり当事者・家族を支援するにあたって大切なこと
~【現場実習】
⑤12月6日(木)13時30分~16時30分  実習を終えて振り返りとまとめ

ひきこもりサポーター養成講座 チラシ


④ひきこもり つながる・かんがえる交流会(通称:つな・かん)

内容:地域でひきこもりや生きづらさについて考えている人同士が「つながり」「かんがえる」場です。
偏見や排除がなく多様な生き方が認められる、そんな地域を目指して、参加者同士が知り合い、それぞれの立場を超えて思いや考えを分かち合います。
日時:1月26日(土)14時~17時
場所:稲城市福祉センター介護予防教室


 


⑤ひきこもり大学家族学部(家族会立ちあげ講演会)

内容:ひきこもり大学とは、当事者が先生になり、家族や支援者、一般の人たちが生徒になって、ひきこもりの経験や知識を学ぶ場です。
この講演会をきっかけに「稲城市ひきこもり家族会(仮称)」を立ち上げし、今後活動を展開していきます。
会場:稲城市地域振興プラザ 中・大会議室
日時:3月9日(土)13時30分~17時
 


企画・協力:楽の会リーラ 大橋史信(おおはし ふみのぶ)氏 
プロフィール:(1980年5月 東京文京区生まれ、38歳)。
自身のことを『いじめ、不登校、家族との確執、障害、ひきこもり』の五冠王と語る。
現在は、自身が軽度精神遅滞(軽度知的障害)付 大人の発達障害当事者として、今までの様々な社会体験を活かしながら、様々な困難、しんどさ、生きずらさを抱えた子ども・若者の教育・就労等のサポート、ご家族相談をピアの視点で行っています。

 その他のひきこもり支援

その他ひきこもり支援として以下の事業を行っています。

・ひきこもりサロン とまりぎ

・ひきこもり相談

 


■問合せ
稲城市社会福祉協議会 在宅支援係 
℡ :042-378-3318  
Email:soudan@inagishakyo.org 
 

 

このページの先頭へ