災害に備えた取り組み

災害ボランティアセンターの設置

災害発生後、市災害対策本部の要請により、地域振興プラザに「災害ボランティアセンター」を設置します。

稲城市災害ボランティアセンター設置運営等に関する協定(PDFファイル:128KB)

災害に備えた取り組み

災害時の災害ボランティアセンター設置運営に向けて、災害ボランティアセンター設置運営マニュアルの訓練を行うとともに、災害に備えたボランティアの要請や、防災講座を実施します。

DSCN0227

 

 

 

 

 


発災!その時稲城は?(平成27年度災害ボランティア講座)

 

DSCN0262

 

 

 

 

 


応急給水拠点で塩素濃度測定体験(平成27年度災害ボランティア講座)

 

ボランティアセンターの業務概要

1.情報収集・発信

  • 被災状況・被災者に対する情報の収集
  • ボランティア募集の有無

2.人材、物資の、資金の確保

  • 一般ボランティア、運営スタッフ、専門ボランティアの確保
  • ボランティア活動の為の物資、被災者への救援物資の確保
  • センター運営、ボランティア活動の資金を調達する。

3.ボランティアコーディネート

  • 被災者のニーズを収集する。
  • 問い合わせや、センターに訪れたボランティア希望者に対応する。
  • 被災者のニーズとボランティア活動をマッチングする。
  • ボランティアのリスクマネジメント。事故や怪我を未然に防ぐ。

4.閉鎖

  • 被災者ニーズ状況から閉鎖を検討する。

災害ボランティア三原則

  • 被災者本位、地元が主体
  • 気持ちがせくとも無理はせず
  • みんなで創ろうわがまち稲城

防災倉庫等備品整備点検等事業

稲城市消防署と連携を取りながら、市内の防災倉庫の備品点検や消火器の点検などを行います。

 

担当 地域福祉係
電話 042-378-3800
 Fax 042-378-4999
メールによるお問い合わせは、こちらをクリックしてください。

 

このページの先頭へ