Home > 歳末たすけあい運動

歳末たすけあい運動

歳末たすけあい運動について
歳末たすけあい運動は、昭和27年に東京都社会福祉協議会の主唱により全都的に展開し、同34年には共同募金の一環として位置づけられました。その後、この運動は、地域の支援を必要とする方のための募金運動として毎年実施され、被保護世帯や施設入所者への見舞金として配分されてきました。そして、時代の変遷の中で、各地域において地域福祉・在宅福祉活動が活発になり、それらの活動への配分が求められるようになってきた状況を踏まえ、平成8年に見直しを行った結果、それまでの見舞金に代わり、地域福祉活動に要する経費に中心的に配分されることとなりました。
また、平成12年には社会福祉法の改正が行なわれ、共同募金の目的に「地域福祉の推進」が規定されました。平成15年度には、インターネットを活用した赤い羽根データベース「はねっと」が全国的に本格導入され、広く情報公開を行うことにより、募金運動と配分の透明性の確保を図ってきております。
 こうした経緯をふまえ、地域のニーズや特性に応じた事業を創出または支援し、「地域福祉推進」の具現化を図る事を目的として地域住民の理解と参加を得ながら、歳末たすけあい運動を実施しています。

歳末たすけあい募金を活用した助成金事業

その他 赤い羽根共同募金による助成金事業

担 当地域福祉係
電 話042‐378‐3800
Fax042-378-4999
メールによるお問い合わせは、
こちらをクリックしてください。

[最終更新日]2019/10/23